花ゆり落ちる

現実逃避行

ジャニオタと永遠の課題(雑誌収納編)

私流雑誌の収納法をまとめたよ!3年くらい前に、一念発起して数年積み上げた雑誌を片付けて以来、何とかこの方法が続いてるので自分には合っていたのかな〜。ただ、ここ1年でJr.を取り巻く環境も変わり雑誌掲載がぐんと増え、SixTONESもデビューが決まり(おめでとう‼︎!!!!)確実に雑誌ラッシュが見込まれることから収納法を見直す機会はありそう。とりあえず現時点の収納法を残しておきます。ちなみに収納テーマは、いかにクールにジャニオタするかです。

 

  • 基本装備

f:id:noahanarks:20190817032644j:image

暗くてごめんね!左から、A4バインダー(無印)、マガジンファイル(セリア)、A4リフィル(セリア)

品番の入れ替えがほぼないこと、見た目もスタイリッシュで統一感があること、リフィルの穴は透明がいいこと等々の理由でこのラインナップ。これがないと収納できないので、特にマガジンファイルは見つけ次第買いためてます。多分今ストック10冊以上はある。

 

  • A4サイズの雑誌

f:id:noahanarks:20190817033716j:image

【使用】A4バインダー、A4リフィル

リフィルに1枚ずつ入れて時系列にファイリング。バインダータイプだと、バックナンバーを買ったときや飛ばしてファイリングした時に対応できる。ここでリフィルの穴が透明だと見開きも綺麗。それにしてもSixTONESかわいいな〜〜

 

  • A4ワイドの雑誌

f:id:noahanarks:20190817034223j:image

【使用】マガジンファイル

リフィルに1枚ずつ入れて時系列にファイリング。バインダータイプが理想だけど、どのメーカーも規格外なのかちょっと高くて費用がかさみそうなのでやめました。セリアのマガジンファイルは20ポケットなので、1枚ずつ入れるとマジで秒でなくなるけど見た目綺麗だし安いし満足してる。

 

  • 連載たち

f:id:noahanarks:20190817034734j:image

【使用】スリムファイル(ダイソー)、マガジンファイル(セリア)

SixTONESのみんな、北斗くん、きょもちゃん、髙地くん、連載おめでとう!!ということで、それぞれの連載はそれぞれ専用ファイルにまとめてます。見返すと1冊の連載雑誌になるイメージで。ウォーカーがスリムファイルで、テレガイがマガジンファイル

 

  • 雑誌ファイルの収納

f:id:noahanarks:20190817035133j:image

景観重視なので、扉付きの棚に入れてる。一部だけどこの時点ですでにパンパン。どうしよ〜〜……他には、an・anの表紙とかBOURGEOIRとか解体できない雑誌や舞台のパンフレットはIKEAのファイルボックスに入れてから扉付きじゃない棚に並べてます。

f:id:noahanarks:20190817035458j:image

 

なるべく購入即解体、即ファイリングで溜めないようにしてるけど、今年に入ってからSixTONESの雑誌掲載量がハンパじゃないし、デビューに向けてさらに増えるだろうから収納場所や方法は考えなきゃなあというところです。アイドル誌含めて以前までは全部買わないと気が済まなかったのですが、それどころじゃない掲載量なので最近はアイドル誌全買いをやめたり、写真が良くてもインタビューがアレ(アレ)ならやめるとか、複数買い控えたりと取捨選択を覚えました。えらい。3ヶ月解体サボって軽く2〜30冊積み上がってるけど。現在は収納の流れができて落ち着いてますが、改善点はまだまだあると思ってるのでオススメの収納法があれば教えてください!雑誌の収納はジャニオタ永遠の課題ですが、一緒に気持ちよく倒しましょう!

 

最後に、お見苦しい写真ばかり失礼しました。SixTONESでお茶を濁してね

 

SixTONESと夏

今年もまた夏が終わった。うだるような暑さの中彼らのコンサートに行くのはもう4年目だ。ただ昨年までと違うのは会場がEXシアターからTDCホールになったこと。初めてSixTONE6人だけでTDCに立つ、この会場で彼らをみれることをずっと心待ちにしていた。

2012年、彼らにまだ名前がなかった頃「この6人で何かやりたい」と大人にお願いしてもらったものが夏のサマリーだった。急遽2日間6人がメインを務めたTDC、リハーサルがあまり出来なくて不安だと言っていたと思う。ハーネスをつけて初めてフライングした夏、飛びながら泣いてしまった夏、「頑張ったご褒美にグループ名がもらえるかもよ!」と言っていた夏、全てが眩しくて本気で永遠を願った夏は一瞬の煌めきかのように叶うことはなかった。

2017年、5年の間に紆余曲折あってSixTONESとなった彼らが風磨くんのバックとしてTDCに戻ってきた。風磨くんがやり残した"7人で過ごす夏"を後悔なくやり切るようにはしゃぐ彼らは、Jr.の仲間だった昔に戻ったかのようで。「また呼んでよ」といっていたけれど、まだまだ7人の夏を見続けたい気持ちをグッと抑えて、次はSixTONESがメインでできたらいいねと思った。

2018年、ついにSixTONESSixTONESだけでTDCに立つ。横浜アリーナや隣の東京ドームに比べたら全く小さいけれど、あの頃より少し大人になった彼らがTDCに帰ってきた。

最初と最後は全グループ共通のポップチューン、歴代サマリー・サマパラの映像を挟みいよいよクールでワイルドなSixTONESの世界へと導かれる。Amazing!!!!!!で一瞬にして空気を変え、少しずつ演出を変えた鉄板曲を中心に息つく暇もない。横アリで観客の心を鷲掴みにしたオリジナル曲リミックス、ボイパと音色で紡がれるまさにSIX TONESな「It's Amazing!!!!!!Party Time!」、シンプルな照明とはだけたシャツがセクシーなLOVE JUICE、彼らが踊る度に舞うAmazingの羽根が幻想的な空間を創り上げ、観客をSixTONESの世界へと引き込んでいく。これがSixTONESのコンサートだと言わんばかりの曲が続いていき、中でも息を呑んだのは「WATER DANCE」と「N.M.P」。白いスーツに白い手袋、手首や指につけた微かな灯りで「楽園まで」と妖しく誘われ、行き着いた先は引き返せない魔界への入り口のよう。SixTONESの真骨頂とも言える演出力に、まるで正装姿の彼らと契約を交わすかのように囚われてしまった私は、もう彼らの魅力から逃れることができないのだ。

「またみたいって言われたいよね」「そしたらまた次のコンサートをやらせてもらえるかもしれないね」と言っていた6年前。あの頃は叶わなかったけど、追加公演を含めて20公演、トップバッターと大トリを任せてもらえた2018年の夏は過去のみんなに自慢したくなるくらい誇らしくも頼もしくも思えて、また彼らの未来が楽しみになった。本編最後の「Power of the  Paradise」にあるように「誰より高く 羽ばたくため」頑張ろうね、みんなで奇跡を起こそうねと心に誓って、待ち焦がれたTDCは夏の終わりとともに幕を閉じた。

 

SixTONESになるまでもなってからも本当に色々あったと思う。京本くんがいつか言っていたようにまわり道、どころか寄り道だらけのグループだ。それにこれから先だって嬉しいことも立ち止まりたくなることもおそらく沢山ある。でもこの夏、6人でいることが楽しいというようにテンポよく弾む会話や、全員が同じ方向をむいているような意思の揃ったパフォーマンスをみていたら不思議と大丈夫だと思えた。

彼らが次に辿り着く場所はどこだろう。デビューだろうか、東京ドームだろうか、それとも私たちが想像しえない未知の場所だろうか。無邪気で無敵な彼らに惹かれた頃から、きっと凄い世界を見せてくれるんだろうなと楽しみにしている。きっとそんな風にワクワクさせ続けてくれる6人は、この先もずっと最強で最高に違いない。

f:id:noahanarks:20180815195325j:image

拝啓 日々笑顔のきみ

3月、Jrだけの横浜アリーナでのコンサートが開催された。チビジュに混じって一緒に躍る髙地くん。視線を少し下げて満開の笑顔

f:id:noahanarks:20180307134812j:image

 

4月、追加公演のさいたまスーパーアリーナに、ジャニーズ運動会、Mステで憧れの相葉くんのバック。新しい場所で、新しい笑顔がたくさんだった

f:id:noahanarks:20180307223731j:image

髙地はマジメでまっすぐな人。すごくファンのみなさんを大切に思っていて、会場全体が楽しくなるように、いつも笑顔でいるんだ

 

5月、メンバーに囲まれてくしゃっと笑う髙地くんがたくさん掲載された。こどもみたいな顔をする。お気に入りがたくさん

f:id:noahanarks:20180307225934j:image

f:id:noahanarks:20180307231331j:image

f:id:noahanarks:20180307231253j:image

 

6月、亀と山Pのバックとしてミニステにも出演、スクール革命ではSixTONESを背負いJUMPに下剋上を挑む。ジメジメした梅雨を晴らすような活躍

f:id:noahanarks:20180307225008j:image

笑ったときの高地の目元って、かわいくて好きなんだよね。23歳を超えてもキラキラスマイルが朽ちないのは、さすがアイドルだな!

 

7月、昨年に引き続きPONに出演。お昼の番組に馴染む髙地くん、PONの雰囲気にくしゃっとした笑顔がぴったり!

f:id:noahanarks:20180307225241j:image

 

8月、SixTONES単独公演に、風磨くんソロ、スノスト合同公演と大忙しの夏。散々いじられながらもずっと楽しそうで、一生分と言われるくらいコチィー!と呼ばれて。泣いちゃうとウルウルしていた髙地くん、これからもみんなでたくさん名前を呼ぶね

f:id:noahanarks:20180307235830j:image

 f:id:noahanarks:20180307233612j:image

f:id:noahanarks:20180308000048j:image

みなさんに笑顔になって欲しいので、これからも笑顔でステージに立ち続けます!

 

9月、SixTONESSnowManが主演を務める舞台「少年たち」もついに3年目。普段ニコニコな髙地くんが顔を歪め涙しながらつむぐ「君にこの歌を」が記憶に残る

f:id:noahanarks:20180307233419j:image

f:id:noahanarks:20180307233424j:image

 

10月、愛知県・豊橋市を皮切りに西日本をぐるり!きょもじゅりにきょもゆごに翻弄されたり。秋は笑顔と優吾しんどいがたくさん!

f:id:noahanarks:20180307235754j:image

f:id:noahanarks:20180307234026j:image

f:id:noahanarks:20180307235248j:image

 

11月、東京・日比谷から始まった豊橋・和歌山・姫路・広島の終着地は大阪・松竹座。KAT-TUN中丸くんとともにベストアーティストにも出演

f:id:noahanarks:20180307235353j:image

f:id:noahanarks:20180307235411j:image

f:id:noahanarks:20180307235433j:image

f:id:noahanarks:20180307235501j:image

 

12月、「Beautiful Life」テレビ初披露。舞台のときから優しそうな笑顔でそっと歌う。イスなしチケなしの湾岸も。

f:id:noahanarks:20180308001749j:image

f:id:noahanarks:20180308001802j:image

 

1月、2018年はカウントダウンコンサートで東山さんのバックからスタート!ハピアイ舞台中、色々ありながらも変わらない笑顔で居続けてくれた。ありがとう。

f:id:noahanarks:20180308001827j:image

f:id:noahanarks:20180308001850j:image

 

2月、Jr.dexでは持ち前のバラエティスキルを活かして大活躍!リアクションをとったり、ガヤを入れながらニコニコしてる。本当にバラエティが好きなんだろうなあ。1年ぶりのJr祭り2018は城ホから。自分のファンにもそうじゃない方にもくしゃ〜っと笑いながら手を振る。楽しそうな姿に私まで楽しくなる。そういえば、最近は踊っている時も楽しそうだ。

f:id:noahanarks:20180308002033j:image

f:id:noahanarks:20180308002137j:image

f:id:noahanarks:20180308002212j:image

 

 

そして、3月8日。

ジャニーズに居続けてくれてありがとう。SixTONESであってくれてありがとう。今日からまた、髙地くんに笑顔絶えない日々がはじまりますように。いつまでもメンバーに囲まれて笑っていますように。お誕生日おめでとうございます。

f:id:noahanarks:20180307224457j:image

.

.

ステージに立つときは、笑顔を忘れない。パフォーマンス中、オレの笑顔を見たファンの子が、同じように微笑み返してくれる瞬間が好きなんだ。去年初めてやった「少年たちライブ」のとき、ライブでは笑顔を向けてくれて、お芝居ではシリアスなシーンに涙を浮かべて。最後は、また笑顔で応援してくれる。「オレら、心で繋がってるんだな」って感動したよ。

 

未来へ 急げ

f:id:noahanarks:20180118205655j:image

  • SixTONESの強いところは、気合い論で何事も乗り切ろうとするところがあって、ダメだなところでもあるんだけど、うまくハマったときの一体感とかエネルギーの熱さ負けないかな
  • 正直めちゃくちゃ焦りました。就職の道もあるのかなって考えたりも。でもSixTONESを結成してから、自分の周りで就職してサラリーマンのやつも出てきて、あらためて自分はこの仕事一本でやっていくって覚悟を決めた。
  • あのとき(B.I.)オレがもうちょっと頑張ってたら違う未来になったんじゃないかって今でも思う。だけど、もう一度ほくとと同じグループになって、もう慢心することはなくなった。何をやるにしても全力で臨む意識しかないよ。
  • 20歳をこえてJrとして「正念場」と感じてた頃にSixTONESの結成が決まって、以前は、「自分のため」に頑張っていたのが「自分の力がグループのためになる」っていう考え方ができるようになりました。6人個性は全く違うんですけど、向かってる方向は一緒です。
  • SixTONESは常に新しいことをやりたいグループ。みんなめちゃくちゃ肝が座ってて心強いですね。好きなのは、何事も全力なところかな。ふざけるときは、ふざける、カッコつけるときは全員"自分に酔いすぎだろ!"っていうくらいカッコつける(笑)楽しいです。
  • 昔は若かったし、大人の人たちが作ってくれた波に乗っていたら、いつの間にか泡になって蒸発しちゃった。でも今はこの6人で、波を作っていきたいんです。

f:id:noahanarks:20180118210013j:image

  • 僕たちが思い描いてる夢は、まだまだ青いかもしれませんが、これからも歌い続けて、ここから見える景色が、いつまでも美しく穏やかでありますように、僕たちがみなさんを守っていきます。
  • 自分は何事も納得いくまで準備しないと緊張しちゃうんだけど、なんとかなるべ!っていうみんなの根拠のないポジティブさは勉強になるし、助けられてもいるよ(笑)しかも、みんな本番に強いんだよね。「本物のスターってこういう人たちのことを言うんだろうな」って。
  • やっぱり自分らしさを出せるのはSixTONESファンの前が一番だなあ。
  • SixTONESの好きなところは、楽観的なところかな。リハで出来なくても「できない」って言うんじゃなくて、「本番は絶対にイケるよ」ってなる。で、実際できちゃったりするんです。
  • 誰かがピンチの時は絶対にメンバーとファンが支えてくれる。みんなで試練を乗り越えてきて、そのありがたみを感じるよ。
  • 僕たちはパフォーマンスで全てみせていこうと思っています。人柄だったり、可能性だったり、才能だったり、色々なことを通して伝えていきます。これからも信じて僕たちについてきてください。

f:id:noahanarks:20180118205830j:image

  • この数ヶ月みんなも不安になったと思うし、俺も思うことたくさんあったけど、今こうやってステージに立ってるんで。また会いに来てください。 
  • 自分の境遇に文句を言うつもりはありません。SixTONESと馬鹿騒ぎしてる時間が幸せです。
  • みんなSixTONESすき?みんなの前に立てない間に悔しい思いも悲しい思いもしました。でもSixTONESがいたから乗り越えることができました。だからオレもSixTONESが好きです。これからも支えてください。
  • なんだろうなぁ、オレは、このグループでうまくいかなかったらもういいかなっていうくらい腹はくくってる。かといって、執着心はなくて。自分がよければいいんですよ。自分の人生だから。 でも多分、自分のためを考えたら、やっぱりSixTONESが一番なの。 1回バラバラになって、そこからもう一回6人で集まるってなった時点で、オレらの中では結構賭けでもあったんですよ。うまくいく保証はないけど、それぞれがなんとなくこれだって賭けて集まったから。そういう決意は各々口にしないけどあると思う。
  • SixTONESの好きなところ、あんまりない(笑)でも嫌いなところがない。オレの中でネガティブになる瞬間がない、ところが好きです。オレらが一番だってそう思ってる部分があって、そこはいいなって思いますね。
  • 今年もみんなに「応援してよかった!」と思える機会がたくさんあると思うから、いい報告だけ待っててね。

f:id:noahanarks:20180118210018j:image

  • 仕事をするなら絶対この6人でやりたい。「この6人なら乗り越えられそう、もっとやれそう」という気がするのです。
  • 昔は今ある需要に応えようとしてたけど、今は需要を"生む"ほうに長け始めているのかな。そういうグループもいいのかなって。うぬぼれてるだけかもしれないけど、それが妙にカッコよくみえたりするんですよね。
  • メンバー愛はある。いい意味での仕方のない愛情というか。無償の愛みたいな。そういうものを感じます。
  • 「こうでなきゃいけない」っていうのがないのが、このグループのいいところだと思ってる。前だけみてればいいんだって、信じさせてくれる仲間だよ。
  • 本来は俺がファンを楽しませる存在であるべきなのに、逆にみんながオレを盛り上げて上へ、押し上げてくれるんだよね。投票するのもひと手間じゃん?なのに、その手間を惜しまないでくれることに大きな愛を感じるよ。
  • SixTONESってバカなんですよ。個々はどうしようもないバカなんですけど、6人集まるとすごいんです。僕は胸を張ってSixTONESがいいグループだと思っているので、これからも一緒に楽しんでいこうね。

f:id:noahanarks:20180118210038j:image

  • こうして6人のことを分かり合えるようになって、SixTONESとして歩き出した道だから曲がらないようにしなきゃね。俺、もうバラバラになりなくないよ!6人で強くなりたい!
  • 1度バラバラになって再び集まったのがSixTONES。ひとりになったときの厳しさを知ってるからこそ、グループのありがたさをわかってるんだよね。絆という面でも、パフォーマンスの面でも、一歩抜きん出てる自負はあるよ。
  • 後輩もどんどん出てきたりするけど、オレたちはオレたちらしくやる。少なくともファンの人たちは付いてきてくれてるから。もし、デビュー組と同じ土俵に立つときがきたら、絶対に負けないという自信はみんなあると思う。
  • 悔しさは年々どんどんあがってる。他にあと何を経験したらいいんだろうって。でもその悔しさも力になってるし、見てくれてる人は見てくれてる。やるしかないね!
  • SixTONESはオレにとってホーム。気を使わずに言いたいことを言いあえるし、個性がバラバラなところがすごく好き。それぞれ繊細な一面もあるんだけど、悩んだときは自然と助け合えてる。これからやってみたいことはいっぱいあるよ。
  • デビュー組と違って、自分の意思で何かを発信できる機会は限られてる。だからこそ、わずかなチャンスもものにしていく!今年も期待しててね。

f:id:noahanarks:20180118210124j:image

  • 「仕事するたびにどんどん友達がいなくなる」という気持ちでやっていた気がします。バカレアは一つの転機で、5人と共演できたことが大きかった。ドラマに出るたびに友達を失う、と思っていた自分が、初めて対等な立場で話せる仲間を得れた。できるならこの6人で、いろいろ挑戦していけたらうれしいな。
  • もし今昔に戻りたいかっていわれたら、戻りたくはないのかなって思う。まったく想像つかないし、それこそSixTONESはあったのかなって。SixTONESってジェシーはちょっと違うけど、ほかの5人は一緒にやってきたメンバーがデビューしたって経験をしてるんだよね。だからバカレアっていう作品に出会えたことがすごく嬉しかったし、助けられたじゃないけど、あの作品で同じくくりになれたからこそ今もみんなで助け合えてる気がする。
  • みんな楽しかった?オレらも楽しかったし、みんなをもっともっと大きい会場に連れていきたいから、みんなついてきてね!
  • SixTONESの好きなところはノリの良さ。いろんな人に見てもらえるチャンスのあるメディアに出たいっていうのが今は一番強いかな。テレビとかでSixTONESの名前をアピールしたい。まだまだオレらは、狭い世界しか知らないから。
  • みんながいるから、オレがいる。うれしいことも大変なことも、6人で共有できてるな〜って思うよ。
  • この世界に身を置いているとアップダウンは必ずあります。何度かダウンを経験してもう落ちたくないという危機感はずっとあります。でも大丈夫!今は、デビューという同じ目標を持つ「SixTONES」の仲間がいるから。

.

.

.

.

.

またコンサートをみたいって言われたいよね
それぞれが個性を出して、ひとりひとりがちゃんと覚えてもらえるように
そしたらまた次のコンサートをやらせてもらえるかもしれないし
絶対またコンサートがしたくなるもんね。でもよく考えたらさ、オレたちまだグループ名もないのに凄いよね
自分たちでつけちゃう?(笑)
いやいや(笑) 今はグループ名をもらうために頑張ってる段階なんだから
今回が成功したら、付けてもらえるかもよ
ごほうびにね
そしてデビューに向けて正式にグループも組みたい!
オレは"この6人はずっと不滅"って言える形のようなものが早く欲しい
それに尽きるね

f:id:noahanarks:20180119235454j:image

.

.

f:id:noahanarks:20180120013649j:image

社長の方から「グループ名なかったっけ?」って
「ないです」って言ったら、「SixTONESは?」ってひらめき的な感じでつけてくれた。オレら、自分たちで「グループ名ください」って直訴したんじゃないか、って思われてるふしがあるけど…
実は違うんだよね
グループ名もオレらが考えたと思われてるみたいだけど、それも違う
ジャニーズっぽくなくてビックリしたのはオレらだもんね
オレたちは、自分たちで決めたんじゃなく"決めてもらった"からこそ、がんばれるんだよ
期待に応えたいからね
だから、これから前に進まなきゃって感じ
険しい道になるかもしれないけど、オレらは誰ひとりビビってないし、ひよってもいない。だからファンのみんなには「ついてきて欲しい」って言いたいな

.

.

f:id:noahanarks:20180120104918j:image

絶対にデビューしようね!

 

 

※ニュアンス・要約含む

SixTONESと少年倶楽部

まずみて

 YouTube

みました??みたよね??これが最新版(2017.11当時)のSixTONESです。(某少クラから公式のYouTubeリンクへ移行しました) 今では圧倒的な存在感、想像を超える演出力、世界観を創り出す天才と言われていますが、最初からそうだったわけではありません。新しいことに挑み続けながら、悩んでもがいて、時にはまわり道もして今のSixTONESというグループがつくられてきました。ほんの一部ですが、少年倶楽部SixTONESの物語の記録です。それでは、その軌跡を辿ってみることにしましょう。
長いです!マジで長い!あと、ベスアに間に合わなさそうだったので主にSixTONESメインのみ(OP・EDはメインパートがあるもの)を抜粋してますが、ベスア終了(+3~4日くらい)までくらいには全出演部分の記載・まとめを作成する予定。→抜粋すら間に合いませんでした!→諦めました(2019.2)

 

《目次》

 

  • 2012年

2012年2月、ドラマ「私立バカレア高校」のメインキャストとして集められた6人。昨今のJrブームの火付け役として爆発的な人気を博し、”バカレア組”はドラマを飛び出して少クラでもステージを共にしていくこととなります。 

5月

♩きっと大丈夫 

 初めて6人でマイクを持ったのは嵐の「きっと大丈夫」。

♩Shake it up 

f:id:noahanarks:20171124225541j:image

バカレア組with高木くん。ラップパートは今は樹ちゃんですが、初披露ではみんなでやってる。新鮮。

6月

♩HELL,NO 

f:id:noahanarks:20171128032134j:image

6人が初めて作り込んだ曲がHELL,NO。荒削りで、未熟で、背伸びしてるんだけど、彼らの怖いもの知らずな無敵さに惹かれました。ちなみに収録当時、慎太郎(14)ジェシー(15)北斗(16)樹(16)大我(17)優吾(18)

7月

♩夜は星を眺めておくれ  (ジェシー/京本)  / ♩星をめざして (北斗/慎太郎/樹/髙地)

京本くんとジェシーによる「夜は星を眺めておくれ」1回目。映像としては3年後のガムパが2回目、少クラでは5年後の2017年に少し口ずさんでくれました。

♩ミッドナイトシャッフル /  back to back(森本) / JOURNY (ジェシー / 京本) / HELL,NO

f:id:noahanarks:20171125225840j:image

HELL,NOは2012年に何回か歌っているんだけど、披露するたびに曲を自分たち色に染めていく。グループではないけれど、6人を象徴する曲として完成度を高めていく様は立て続けにみても惹き込まれます。

8月

♩Rock'n 

f:id:noahanarks:20171125225820j:image

キントレ単独('17)で歌った時、当時の演出のままで全私が泣いた。末っ子はじまりオタクみんな好きだね!

OP♩BANG!BANG!バカンス 

9月

♩Bonnie Butterfly / Rock'n

f:id:noahanarks:20171125225407j:image

SixTONESでボニバタやりません?ボニバタは結成前にガムパ('15)でも歌っていますがジェシーが帝劇出張だったので、6人で、フルで、は歌っていないはず。SixTONESの歌声×キンキ曲は間違いないのでどうか

♩Le ciel 〜君の幸せ祈る言葉〜 

f:id:noahanarks:20171128012204j:image

ジェシーと京本くんの美しいハーモニー、からの樹ちゃんのラップ、そして帝王北斗くんの雄叫び。供給過多で死ぬ。当時から選曲が強い一方で、かっこいいけれど下手すると曲の世界観に呑み込まれてしまう、そんな難しい楽曲が多く歌われてる印象があった。けれど、当時から形にできるだけの技量、そしてそれ以上に楽曲に負けない魅せる力みたいなものを持っていたのかなと思ったステージ。

10月

♩Rocks / JAM / HELL,NO

f:id:noahanarks:20171128150224j:image

ヤンチャな爆モテDK降臨

11月

OP♩明日に向かって

OP♩希望〜Yell〜

11月は2週にわたり3:3に分かれてOPを務めました。括りごとにJrが登場するとき最初と最後を彼らが担っていたのが誇らしくて好きだった。衣装はKAT-TUN

Jrメドレー内♩オリジナルスマイル / スクール革命 / WeeeeK

青春アミーゴ / 今すぐに 

f:id:noahanarks:20171128120931j:image

12月

♩Shake it up 

スト=シェケ(「私立バカレア高校」の主題歌)の印象が強いけど、2012年に2回、2015年17年にメドレーの一部と実はあまり歌われていないんだよね。SixTONESにはドームに行ってもシェケは原点だって言って歌い続けてほしいし、イントロの「ドゥーーン」を号令に東京ドームで死にたい

OP♩JUMPメドレー

X'mas SP ♩シンデレラクリスマス 

f:id:noahanarks:20171125225741j:image

好きです。シンクリやろう。何回でもやろう。12月の湾岸('17)でやるかもって?私が行けないのでテレビでやってください!!あと、リア恋ゆごじゅりの「バイトして買ったイヤリング」が聴ける。買いそう。買いそうな2人が歌う「バイトして買ったイヤリング」やばい。何より全員ビジュがルーブル美術館

  • 2013年

1月

♩フラワー / 世界に一つだけの花 / 夢物語 / HONEY BEAT / ANBITIOUS JAPAN / ハルカナ約束

f:id:noahanarks:20171128012338j:image

きょもゆごほくVSしんじゅりじぇしで、対決スタイルのメドレー。めちゃめちゃ楽しい(雑)

♩SIX SENSES 

f:id:noahanarks:20171127120504j:image

未視聴の方はみろ!みてください!めっちゃかっこいいから!損はさせない!!だってこれみんな未成年!!!ほぼ高校生!!だからめちゃめちゃかっこいいんだけど、若さがちょっとかわいい。ちなみに某Tubeで70万回ほど再生されています。そして、実質この曲を最後にしてバカレア組の活動は終了となりました。

1月放送の収録は12月。1月以降も6人が一緒になる機会はありましたが、6人"だけ"のパフォーマンスは『SIX SENSES』が最後です。なので、2012年いっぱいでバカレア組の活動が終了したと解釈しています。

 

  • 2015年

そして個々に活動すること2年、バカレアの6人が再び集結した2015年1月。一定期間同じ括りで活動した人たちが離散の数年後に再結集するという前代未聞な衝撃を境に、ガムパや少クラ、雑誌と再び6人での活動が始まります。

再集結した少クラやガムパの収録は2014年12月ですが、放送は2015年1月。都合のいいオタクなので、6人での活動は2015年1月から始まったと解釈しています。また、変動が当たり前のJrにおいて、解消した非公式ユニットが数年後にまた同じメンバーで活動を始める、というのは前代未聞だったように思います。(ガムパ : ガムシャラJ'sParty('14〜'15年放送CSテレ朝ch))

1月

♩HELL,NO

f:id:noahanarks:20171125230355j:image

2年ぶりに披露する6人のパフォーマンスはもちろんHELL,NO。誰が歌うのか紹介されないままスモークの中から登場する6人に会場から大歓声があがる。"また6人のステージがみたい"が2年の時を経て叶った瞬間でした。ちなみに2年前と違うのは髙地くん北斗くん慎太郎くんにあるソロパート。衣装は今のメンカラとほぼ一緒ですが、北斗くんがピンクだときょもほくを思い出します。

ジェシー「なんでふたりが仲悪くなったか知ってる? ”ピンクの衣装はオレだ!”って、お互いどうしても譲らなくて」
樹「それでそのピンクの衣装、引きちぎられてボロボロね」
永瀬「え、そんなことで大の大人が!?」
京本「あ〜あ、オレ、ピンク着たかったな!」
北斗「いーや、ピンクだけはゆずれねえ!」
永瀬「めっちゃふたりで息揃ってるじゃないですか(笑) もう〜どこまでホントかわからん!」

2月

♩ROCK YOUR SOUL 

f:id:noahanarks:20171128032517j:image

珍しいV6さんの名曲。布多め・布やぶれてる・ギラギラしてるの総じて強い衣装のSixTONESですが、ベストにシャツ、黒スキニーでスタイルの良さがバレる。いまだと5/6がアクロバットできるし、またV6さんの曲をみてみたいけど、きょもちゃんは親が過保護だからな〜スーパーきょもタイムかな〜〜〜

スーパーきょもタイム : きょもちゃんが歌い、その周りで5人がアクロバットをする様。(出典:クリエ'16)

3月

♩SIX SENSES / Luv sick / PERFECT / Shake it up

f:id:noahanarks:20190212230814j:image

必修。

まだの方は今すぐ履修してほしい。NHKホールは東京ドーム(概念)だった。ジェシー不在のガムパでやっていたメドレーだったので、6人が揃った強さを全身で感じることができる。選曲に6人の歴史が詰まっていますし、グループ名がつくまえだったけど、この6人ならどこへでもいけると心から思った瞬間です。

Jrメドレー内♩フィーバーとフューチャー

4月

OP♩青春アミーゴ

 f:id:noahanarks:20171125230512j:image

エモの具現化

5月

5月1日、SixTONES結成。ここからSixTONESとしての物語が始まります。※5月放送は結成前4月に収録

♩3Dgirl

f:id:noahanarks:20171128032615j:image

バカレア組とは違うSixTONESの片鱗があるね!

Jrメドレー内♩Rock'n

f:id:noahanarks:20171125230614j:image

アイドル全開のロッキン!ほんっとSixTONESは手のひらまでかわいいな~~ちなみにこの時のキスマイジャージも北斗くんがピンク担当なので例のきょもほくがよぎる。

6月

♩愛のコマンド

この回でSixTONESが正式発表されました。同時に「シックストーンズ」が「ストーンズ」と紹介されオタクが混乱。ユニット名がついて初披露の曲は、クリエでも大好評だった愛コマでした。スイッチョンは6人分あるよ!

シックストーンズ : 5月1日から10日間程存在した幻のユニット。後のSixTONES(ストーンズ)。

7月

♩SADISTIC LOVE 

f:id:noahanarks:20171125230706j:image

覇王ほくじぇ。純白のような美しさがきょもじぇなら、ほくじぇはダークな美しさが魅力だな思う。ラップパートでひとりずつヤバめに樹ちゃんに絡むから心してみた方がいい。"腰突き出しな"の髙地くんで私は死んだ。京本くんは帝劇で革命を起こしてた(エリザベート)ので収録不参加でした。

8月

HEARTBREAK CLUB  ×SnowMan

9月

♩この星のHIKARI (SixTONES)

f:id:noahanarks:20171125230742j:image

オリジナル曲初披露はこの星のHIKARI。ワイルドなグループの初めて披露するオリジナル曲が、白スーツ&爽やかラブソングなんて予想斜め上行き過ぎてギャップ死する。この星は今までに何度も歌われているけど、やはり初披露は特別です。

10月

♩BE CRAYZY 

f:id:noahanarks:20171125230802j:image

これぞSixTONESなオリジナル曲。候補4曲の中から多数決とり全員一致だったそう。ちなみに衣装はどんどん追加装飾されていって強く(物理)なってる。

11月

♩この星のHIKARI / BE CRAYZY 

結成半年でオリ曲メドレーができるなんて誰が想像しました!?!?しかも正反対な2曲のキャップ差に心臓がギュンとなる。SixTONESはワイルドセクシーが強みだと思いがちですが、品の良さも兼ね備えてることが1番の強みだと思ってるので、この両極端ともいる2曲を歌えるのはSixTONESならではじゃないでしょうか。

12月

♩Le ciel/この星のHIKARI

f:id:noahanarks:20171125230834j:image

3年ぶりのLe cielに、生歌のHIKARI。歌詞がこんがらがってしまった京本くんが即興で作詞するんだけど、みんな笑っちゃっててかわいい。

X'mas SP OPJrメドレー内 ♩WISH 

Jrメドレー内♩SNOW!SNOW!SNOW!

  • 2016年

1月

♩BE CRAYZY

f:id:noahanarks:20171128032921j:image

圧倒的黒

衣装や照明がクールでモノトーンなのはもちろんだけど、茶髪の髙地くん、黒髪のきょもちゃん、グレーアッシュの樹、黒髪バージンの北斗くん、地毛アッシュのジェシー、茶髪の慎太郎くんと、類を見ないほどの圧倒的黒髪率。強いビークレ。自担情報としては、髪が長い。

OP ♩Let's Go to Earth

Family〜ひとつになること〜 (ジェシー/京本/増田/半澤)

2月

 ♩Daybreaker ×SnowMan

f:id:noahanarks:20171127014346j:image

エビキスのデイブレを受け継ぐスノスト!伝統に感謝!映像に残してくれてありがとう!かわいい!!すのすとかわいいよ!!

少年たち'15のショータイムで継承

♩Real Face

f:id:noahanarks:20171127011327j:image

年末年始ジャニワverのリアフェ。念願悲願待望のリアフェ、が、舌打ちもない、ラップもない、ボイパもない、あるのはよくわらからない白い肩布。なんかビニール袋ついてる!ってなってごめんな。でもかっこいいのでみてね!

3月

 ♩この星のHIKARI

f:id:noahanarks:20171127011550j:image

北斗くんと慎太郎くんのアクロバットが追加されたキレッキレ系HIKARI。見どころは、衣装の太ももがゆるい3人(きょもじゅりゆご)と、パツパツな3人(じぇしんほく)。あとこの回以降アルミホイル衣装が多いため2016年はアルミホイル衣装元年。

♩絆 (ジェシー/京本/増田/平野)

春休みSP OPJrメドレー内♩サクラ咲け

Jrメドレー内♩My Resistance

4月

OP ♩P・R・A・D・O・X

♩FORROW

f:id:noahanarks:20171125231117j:image

強い。

OP WeeeeK (SixTONESはじまり)

恋涙 (橋本/ジェシー/北斗/樹/慎太郎/髙地) 

f:id:noahanarks:20171127011132j:imagef:id:noahanarks:20171127011139j:image

ジャニオタは恋涙が好き。橋本くんとのコラボ。なんで優吾ソロだけ載せたかですか?恋涙の自担が罪深いしんどさだからです

♩Celebration! バック(北斗/高地/慎太郎/樹)

5月

♩Peak

f:id:noahanarks:20171128033057j:image

SixTONESは揃わない(Q.E.D.)

Peakは私服風衣装という名のほぼ私服(1)。統一感がないのに揃ってみえるのはSixTONESらしいなと思います。それにしても京Jeの歌の柔軟さには驚く。ちなみに間奏のラップは本家にはありません。サマステ('16)では公演ごとに少しずつ変えていたような…気がする……

俺らは原石さクリスタル

どっかの誰かと瓜二つ? 

俺らは完全なるオリジナル

♩ありがとうのうた (塚田/ジェシー/慎太郎/佐久間/のえる)

♩Electric Shock バック(樹/慎太郎)

ED ♩Smile (ジェシー/京本/増田/平野〜全員)

f:id:noahanarks:20171127224226j:image

f:id:noahanarks:20171127224204j:image

6月

 OP ♩この星のHIKARI

f:id:noahanarks:20171125231214j:image

「テーマは ” torn ” !僕たちは〜?」 「SixTONES!! 」

SixTONES初めてのOPが幸せすぎる〜〜!Jrみんなに歌ってもらえたのもすごく嬉しかった。それにこの衣装見覚えありませんか?2012年秋に着ていた衣装で、オリジナル曲で、OPをつとめる、感慨深くなりました。

♩D-MOTION

f:id:noahanarks:20171128033259j:image

SixTONESからSixTONESに担降りしました。サビまでワンカメ、動かない、みんなサングラス、そんなのあり?!SixTONESってアンドロイドだったっけ?と演出力の高さに度肝を抜かれた。そして、Dモみたいなオリジナル曲が欲しいねという思いがあの曲へと繋がります。

♩MOON (京本/北斗/慎太郎)

f:id:noahanarks:20171128002609j:image

京本くんは舞台「スーベニア」後、収録に駆けつけたので、メイクや髪型が舞台仕様で美しい。西洋美術。あと、舞台終わりで喉が開いてるためか、歌い方がすごく綺麗で艶がある。いつか6人で歌ってるのもみてみたい1曲。

ED ♩波 (ジェシー/京本/増田/平野〜)

f:id:noahanarks:20171128003210j:image

7月

Jrメドレー内 ♩NEVER AGAIN

f:id:noahanarks:20171128010332j:image

超高音フェイクですか?あります。「君は俺の甘いHoney toste」ですか?もちろんあります。クリエ'16ではアンコールで歌っていた。ちなみにアンコールは2曲日替わりでもう一曲は嵐のパラドックスです。アンコールで。正気か。

♩DANCE INST

f:id:noahanarks:20171125231335j:image

通称Drop the beat SixTONES。ドロスト。クリエ'16公演の際、元々はインストのみの予定だった曲に、「ラップ入れて歌詞入れていったらこうなった。」(メンバー談)という、メンバー共作の楽曲。各自各いや各自に魅せ場があり、パフォーマンスによるメンバー紹介曲で、きょもちゃんのフェイクで天が割れる。

ED ♩喜びの歌

f:id:noahanarks:20171128011227j:image

止まらねえ!!はジェシーちゃん、ラップは樹ちゃん

8月

Jrメドレー内 ♩BE CRAZY

f:id:noahanarks:20171128014925j:image

♩But バック(北斗/樹/慎太郎/髙地)

f:id:noahanarks:20171128015412j:image

コンサート同様フルで披露。Butの振りが好きすぎて何回見ても飽きない。4分13秒×4人分見ないと満足できない。ゆごほく、しんじゅりをシンメにする風磨くんさすが歩く青春時代。

♩太陽のあたる場所

f:id:noahanarks:20171128033450j:image

Six平和TONES。つい先月までパリピなパフォーマンスとは思えない。私服衣装(2)というより、これはみんな私服です。

♩ドラマ (戸塚/ジェシー/美勇人/岩本)

♩アンダルシアに憧れて (健人/京本/他)

9月

 ♩Move your body

f:id:noahanarks:20171128020816j:image

まさかのムブユア。元担の私でさえ忘れかけていた(すみません)アルバム曲を自担たちが歌うとは。振り付けはさすがほぼ脚のジェシーちゃんが考えただけある脚を活かした脚。3人の歌声も堪能できるよ!

♩P・A・R・A・D・O・X

f:id:noahanarks:20171128021509j:image

カッッッッッっっこいい〜〜〜〜!!これすごい!!!だって、パラドックスって歌うのめちゃくちゃ難しい。フェイクができる人、ラップができる人、みんな歌えることが最低条件だと思っていてそれがクリアしないと歌えない。(嵐パラド担) SixTONESはそれをクリアしただけじゃなくて、ちゃんとSixTONESらしいパラドックスだったなと思いました。

ED ♩ツキノミチ (ジェシー/京本/増田/平野〜全員)

f:id:noahanarks:20171128023203j:image f:id:noahanarks:20171128023208j:image

テレビ はよくぞこの美貌と美声に耐えた。

10月

 ♩IN THE STORM 

f:id:noahanarks:20171128023842j:image

3曲目のオリジナル曲はめっっちゃかっこいい出航する系。サビにパリーン!って入ってたり、ライブ映えする音の響き方で気持ちがいい。実際ライブ映えした。あと「ギラギラギラ 稲妻」の絶妙なダサさがジャニーズらしくて好き。

ED ♩BAD BOYS 

f:id:noahanarks:20171128024337j:image

絡まれるふまりん。

11月

ED ♩情熱 

f:id:noahanarks:20171202014459j:image

Jrメドレー内 ♩Snow!Snow!Snow!

f:id:noahanarks:20171128025310j:image

情熱と合わせて、どちらも完全に生歌。

♩Hey!Summer Honey バック

f:id:noahanarks:20171128101245j:image

京本くんはティンカーベル。ステージまで誘うきょもちゃんと道の途中に立つスト5、ケンティありがとう〜〜!

生放送SP ♩この星のHIKARI

f:id:noahanarks:20171202013327j:image

イヤモニなし、歌いきった2人はすごい。この星のHIKARIは一見歌いやすそうだけど、キーが高めだったり、メロディの難易度が高そうだと思っているので、いつもらっと歌いこなしてるからつい忘れてしまうけど、SixTONESめっちゃ歌上手い。

12月

OP Jrメドレー内 ♩IN THE STORM

f:id:noahanarks:20171202013605j:image

♩BE CRAZY × ZIG ZAG LOVE (remix)

f:id:noahanarks:20171128121511j:image

SnowManとオリジナル曲をコラボ。めちゃくちゃかっこいい。最後12人でヘドバンする姿が圧巻。

クリスマスSP ♩White Christmas (ジェシー/京本/増田)

f:id:noahanarks:20171202013855j:image

ED ♩Another Christmas (SixTONES/Love-tune〜全員)

  • 2017年

1月

♩この星のHIKARI

f:id:noahanarks:20171202014111j:image

f:id:noahanarks:20171202014119j:image

京ジェのアカペラからはじまる。納得いく結果を得られなかった生放送SPでの挽回だったと思います。 2人の歌に対するプライドが好き。胸を張って誇れるSixTONESのメインボーカルです。

SixTONESスペシャルパフォーマンス

f:id:noahanarks:20171128103314j:image

世界一かわいいいろはす。2016年夏サマステで披露されていたダブルダッチ・バスケは今やSixTONESの武器。優吾と慎ちゃんが顔見合わせて笑うところで癒される!

♩...moreバック(樹/慎太郎/北斗/原/目黒/森継)

f:id:noahanarks:20171202014353j:image

いい太もも。

ED ♩キミとのキセキ

f:id:noahanarks:20171202014603j:image

キミキセといえば北斗くん!アップ!やったーー!!!!!

2月

OP Jrメドレー内 ♩Will Be All Right

f:id:noahanarks:20171202021422j:image

SixTONESの歌うウィルビー好き。機会があればSixTONESの応援歌も聴いてみたい。

個人的には2016年クリエオーラスで京ジェがマイクなしのアカペラで歌いはじめたのが印象的。

 ♩茜空 / pray / IN THE STORM

f:id:noahanarks:20171202021223j:image

f:id:noahanarks:20171202114224j:image

茜空は作曲手越くん、作詞京本くんのソロ曲。prayは戦場に行ってしまうジェシーが、みんなの幸せを祈るよと歌う曲。2016年少年たちで披露されました。インストは私服風衣装(3)。

♩愛について (ジェシー/平野)

3月

THE D-MOTION

f:id:noahanarks:20171202014305j:image

1年ぶりのDモ!!夏のサマステを通し、少クラ放送時よりまた一段と進化したDモ!!!

♩ええじゃないか バック

f:id:noahanarks:20171207160707j:image

Family〜ひとつになること〜 (ジェシー/平野〜全員)

f:id:noahanarks:20171207160525j:image

4月

♩Amazing!!!!!!

f:id:noahanarks:20171207162330j:image

f:id:noahanarks:20171207160330j:image

SixTONESのオリジナル曲4曲目にして、SixTONESの代名詞。あぐらかいたり、メンカラが入っていたり、SixTONESにしかできない歌えない曲。 私なんかじゃ語りきれないので、Amazing!!!!!!ステマブログ読んでみてください!素敵な記事がたくさんあり皆さんを沼へ落とします。

5月

♩ドロスト / Amazing!!!!!!

f:id:noahanarks:20171207160140j:image

Amazingライブverは羽根が舞う

ジェシー「Amazing!!!!!!はみんな自分の世界に入っちゃってるよね」
京本「そう。あ〜、オレめっちゃ自分に酔ってるな〜と思って、ほかのメンバーみたら、5人ともそれぞれ酔いまくってるという(笑)
優吾「確かにね」
樹「あれ歌ってるときはもう、自分がかっこよければいいやっていうぐらいの気持ちになってるもん」
北斗「オレあの曲の時は、誰とも目を合わせない。だって酔いすぎちゃって恥ずかしいから(笑)」
慎太郎「みんなそうだったのね!じつはオレも!(笑)」
ジェシー「なのに、6人が歌うことで、ものすごくSixTONESらしい曲になるっていう不思議さだよね。」
京本「ほかのユニットには絶対マネできないだろうな」

♩Dream〜5つの願い〜 バック

6月

OP Jrメドレー内 ♩IN THE STORM

♩Shake it up / SIX SENSES / HELL,NO × 愛のコマンドremix / BE CRAYZY

f:id:noahanarks:20171127230849j:image

始まりが天才。メンカラのスポットライトを浴びながら1人ずつ振り返る。この演出本当にJrか?そしてこの曲順、見覚えがありませんか?おそらくだけど、彼らの歴史になってるんです。始まりのShake it up、強烈なインパクトを残したSIX SENSES、再結集のHELL,NOにSixTONES結成1発目の愛のコマンド、そして初オリジナル曲のBE CRAYZY。誰1人として欠けずに、ここまで来たからこそできる選曲だと思いました。

♩Keep the fath ×菊池風磨

f:id:noahanarks:20171202114619j:image

匂わせか?ふまパラバックへの匂わせだな?

生放送SP ♩エンドレス・サマー

f:id:noahanarks:20171202114954j:image

エモが爆発。しかも末ズ・年長組・同い年コンビとストにしては珍しい歌割りでした。ストーンズが歌う「あの夏」は2012年の夏を彷彿とさせます。直談判しチャンスをもらったバカレアSummeryの夏。サークルフライングで泣きながら飛んだ夏。ドラマが成功して映画に繋がった夏。「頑張ったご褒美にグループ名が欲しいね」と言っていたあの頃です。 どこまで行くのかとワクワクしていたのに ” 終わりを告げた” バカレアと歌詞があまりにもリンクしてしまいました。

まだ 夢に夢見た季節が心(ここ)にあるから
僕らは行くよ もう一度 輝く自分を探す旅

やがて僕らが ありふれた大人になっても
扉はいつも きっと あの夏に繋がっているから

候補曲中から彼らが選んだとか。紆余曲折あるけれど歌のように、今もあの夏に繋がってると、そう思ってくれてたらいいなと思います。

7月

♩SHOW&SHOW

f:id:noahanarks:20171207162614j:image

2月に新橋演舞場で行われた「東西SHOW合戦」でもらった関ジュとのオリジナル曲。ショー&ショー担なのでキーポンはライバルです。

♩太陽のあたる場所 / Jumpin'up

f:id:noahanarks:20171207162540j:image

f:id:noahanarks:20171207161706j:image

私服風衣装というかほぼ私服(4)。SixTONESといえばジャピナがいつの間にか定着していたけど実は少クラ初披露! じゅり!じゅり!じゅりじゅりじゅりじゅり! がなかったのは残念…

8月

♩BRAVE SOUL

f:id:noahanarks:20171207160016j:image

こちらも「東西SHOW合戦」でもらった関ジュとのオリジナル曲。東西では孫悟空みたいな棒術(少クラブログで放送予定だよ!)でしたが、みんなでできるようにとアレンジされた。これを聴いたらしばらく「BRAVE!」 SOUL! 「BRAVE!」 SOUL !と拳を突き上げたくなる。合言葉は ” 古の優吾 ”

♩I・ZA・NA・I・ZU・KI

f:id:noahanarks:20171207162748j:image

天使衣装と曲のマッチングがすごい

♩My lov'n season バックSixTONES

f:id:noahanarks:20171207161821j:image

9月

OP jrメドレー内 ♩この星のHIKARI

♩Don't U ever stop
f:id:noahanarks:20171125231357j:image

天才きた(頭抱) キントレ単独でやった演出を再現してくれました。神。キントレは影に追われるSixTONESが、影を打ち破るストーリー。ドンエバはその最後、1番の見せ場としてスクリーンに映った影(もう1人の自分)を倒していく演出でした。何と言っても樹ちゃんの「from千葉」が聴ける。

ED ♩Keep on (SixTONES〜全員)

f:id:noahanarks:20171207162113j:image

♩WHY (ジェシー/京本)

f:id:noahanarks:20171125231439j:image

天使は実在する。WHY大好きなので放送が待ち遠しかった!(収録は2月) 東西初日の数日前に社長からのやっちゃいなよ!で、京本くんとジェシーが詞をつけたそう。” 春風のように 去る君を引き留める術はないの ”  ” この愛を蕾に戻さないで ” の言葉ががきれい。

10月

♩Amazing!!!!!!

f:id:noahanarks:20171207162218j:image

Dモで掴んだ手応えとニーズにハマった感じが彼らの自信にもなっていて、そこにAmazing!!!!!!というオリジナル曲をもらったことでSixTONESのカラーが完成したように思いました。

ジェシー「 こういう感じ(Dモ)の曲がいいなって話になって、Amazing!!!!!!につながった」

樹「そうそう。Dモみたいなオリジナル曲が欲しいねって言ってたら」

慎太郎「Amazing!!!!!!ができた!」

♩P・A・R・A・D・O・X / 3Dgirl / ドロスト / Hair × FORROW  

f:id:noahanarks:20171127015108j:image

SixTONESが演出の鬼で天才なのは教科書レベルだけど、アレンジの天才でもあるんだよ…例に漏れず、キントレ単独で披露されたパフォーマンスですが、今まで披露した曲はメドレーにして、作ったそう。限られた公演時間内に人気だった曲を全て歌い、ただのメドレーになっていないところが上手いなあと思いました。

ED ♩Keep on (SixTONES〜全員)

11月

♩JAPONICA STYLE 
f:id:noahanarks:20171125231515p:image

f:id:noahanarks:20171128130552p:image

いいですか、SixTONESは春にAmazing!!!!!!というとんでもない曲をもらってるんです。すなわち、次へのハードルが高い。ジャポみましたか?みたよね?わかりますよね?軽くハードル超えてきました…。和洋折衷、妖艶、扇子、、夢、恋、桜、中毒性のかたまり…シャブか?何回聴いても何回見ても飽きないのは、曲の力はもちろん、それぞれに個性があるからだと思います。自担ばかりみていたため、他メンみてはエッ!そんなことしてたの!現象が多発したとかしてないとか。私じゃ語れないので、Amazing同様素敵なブログがたくさんあるので是非読んでみてください!みなさんがジャポニカに狂わされてる様がよくわかります。

12月

OP Jrメドレー内 ♩Amazing!!!!!!

♩Beautiful  Life 

f:id:noahanarks:20171208220217j:image

『少年たち』でジャポニカと一緒にもらったSixTONESの新曲。孤児院育ちのキョウモトの夢である「いつかみんなと一緒に歌いたい」をジェシーがこの曲で叶えてくれる。少年たちでは歌われなかったCメロと大サビも?メロディや歌詞はもちろん、みんなの表情が優しくて穏やかで素敵。

 

 さて、以上です。長い!1万字超えてた!でもたぶんメイン抜けはないはず………。ネットの海でみれるものもあるし、周りのSixTONES担に言えば秒で売り込んでくれるはずなので、是非見てみてください!

 

読んでくださった方、ありがとうございました。

しんどい集めました。〈編集中〉

SixTONESの最年長・優吾。わかりやすくモテるタイプじゃないと思うけど、意外と拗らせてる人多いでしょ?

集めました。WUのあのページです。しんどいかどうかは置いておいて(?)わたしの記録用です。Let'sしんどいGo

(めちゃくちゃ途中です。着地もなく投げあげですみません。)

 

f:id:noahanarks:20171103013512j:imagef:id:noahanarks:20171103013524j:image

 

 Q.耳元で色っぽい声で囁かれたい、期待しちゃうひとことは?

優吾 :「待ってて」。なんか良くない?そのあと「一緒に帰ろう」みたいな。

樹:みんなでワイワイやってる時にオレが携帯いじっていると、「怒ってる?楽しい?」って言われたい!そんなこと言われたらヤバイ!

 

Q.みんなで遊んでいる時に、バレないようにされたらドキッとする女の子の甘えん坊な行動とは?

優吾 : ポケットの中に手を突っ込まれる

 

Q.彼女より勝っていたい能力は?

優吾 : 負けてたら恥ずかしいのは、運転能力!

 

Q.初対面の女性に、「2人きりで遊んでも大丈夫」だと安心させる方法は?

優吾 : 終電をきく

 

Q.オレに気があるな?と思う女の子の行動・言動は?

優吾 : 鈍感だから気づかないんだよね(笑)

 

Q.彼女が落ち込んでであと数秒で泣き出しそう、と気づいた時笑わせるひとことは・行動は?

優吾 : 過呼吸になる寸前の演技をする(笑)  

 

Q.彼女をキュンとさせる、小悪魔男子的なヤキモチアピールのセリフや行動とは?

優吾 : 携帯持って「違う子に電話しちゃおうかな〜」っていう

 

Qねぼすけな彼女になんて言って起こす?

優吾 : 「起きないといなくなっちゃうよ」っていってかわいく起こすよ

 

Q.初対面の女の子、なんて呼ぶ?

優吾 : 年齢問わず、名字で◯◯さんって呼ぶよ

 樹 : 下の名前で◯◯ちゃんって呼ぶ

 

Q.気になる女友達から冗談で「髪型変えたんだけどかわいいでしょ?」って言われたときのドキドキさせる返し

優吾 : そうやっていってくるおまえがかわいい

 

Q.最近気になりだした女の子にナチュラルに連絡先を聞く方法

優吾 : 連絡先欲しいんだけどオレの連絡先も欲しい?

 

Q.ヤキモチを妬かせる彼女にスネてください

優吾 :  「しーらない!」なに、ヤキモチやかされたときって何ていえばいいの(笑)?

 

スキニー推しの優吾

優吾:スカートがあまり好きじゃない。スキニーが一番好きなの。ラインが出るじゃん。スカートは逃げてる気がするんだよ。

 

Q好きな女の子の部屋が汚部屋だったら恋心も冷めてしまう?気にしない?

優吾:ムリでしょ、ドン引き。

 

Qズバリ女の涙に弱い?

優吾:あんまりないかな。"泣いてるな"とは思うけど

きょもちゃん:どうでもいいかな     

 

Qイタリアでは太った人がビキニを着ることは出来る?出来ない?

優吾:出来ない。景観を損なうっていう意味で…

 

 

 

 

 

 

11.3 WU以外もちょっと追記中

京本大我くんとエリザベート

今更かよ!って思ったでしょ?周期的にくる「京本くんのエリザベートが見たい病」がまさに今絶賛発病中で勢いで書いてます。

 エリザベート?って方、長期による彼の金髪はこのミュージカルです。

f:id:noahanarks:20170428001118j:image

f:id:noahanarks:20170428001122j:image

プロフィールのSixTONES表記が嬉しい

滅多にミュージカル作品が映像化されない中、『エリザベート』が去年末待望の円盤化になった。待ちに待ったとはこのことで、注文が多すぎて一時発送が停止したくらい。 しかし、我々の願いも虚しく京本くんは収録されていません。なので、音声はおろか(CDもある)映像がどこにもない。21歳の、あのルドルフが残らないなんて、しかも幾度とないこの機会に残らないなんてミュージカル界の大いなる損失、ほんまジャニーズ事務所ファッ

悔しいところもあるけど作品自体大好きなのでDVDは購入したし擦り切れるほど見ました。たぶんセリフ言える。 大好きで何回も見るんだけど、見るたびに京本くんもみたいなぁと思うわけです。もう記憶でしか会うことの出来ない京本くんのルドルフ。やっぱりどこかに残しておきたくて出番を書き出してみました。残したいことはたくさんあるけど今回は京本くん縛り。有名作品だし半年以上前だしメモも取ってないのでざっくりです。

  

〈Act1〉

scene1 死者と夢見人たちの夜の世界

♩我ら息絶えし者ども  

みんなわかめみたいな布被ってる。死者だからね。「我ら息絶えし者ども」のルドルフのソロパートは1フレーズ。初めて聴いた時「誰だこれ…私の知ってるジャニーズの京本大我じゃない…」と脳天に一撃をくらって鳥肌がたった。

「ママと僕は似ている 分かり合える筈だった」

scene13 ハンガリー訪問

 市民に紛れて旗持ってる。たまに旗から顔がみえる。双眼鏡タイム。

scene16 ウィーンの街頭

♩ミルク

市民に紛れてミルク欲しがってる。金髪が帽子からのぞいてるし、高貴さ隠しきれてないしかわいい。好きな曲とシーンだけど双眼鏡タイム。

 

〈Act2〉

scene10 ホーフブルク宮殿の廊下

♩父と息子

 ルドルフはここから死ぬまで舞台上に出ずっぱり。ルキーニの「ルドルフは成長!」で待ってました!となった後のルドルフ第一声で、「やっぱりこれは私の知る京本くんではない」とまた一撃をくらう。父と息子の政治的対立。

「ママと同じ意見が間違いだと言うの」 

scene11 憎しみ(HASS)

♩憎しみ(HASS)

f:id:noahanarks:20170428032700j:image

scene12 ルドルフの寝室(ホーフブルク宮殿内)

♩闇が広がる

f:id:noahanarks:20170428032734j:image

ルドルフといえば闇広、闇広といえばルドルフ。城田優くんと、そしてあの井上芳雄さんと歌う京本くんめちゃくちゃかっこよかった。全然負けてなかった。闇広は低音で、京本大我=高音って思ってる方に聴いて欲しいし、みんなにいっぺん聴け!って差し出したいのに出来ないのが悔しい。あと闇広を聴いてしまってからジャニーズトップクラスの歌唱力という贔屓目がヒドイ。「王座」で毎回ゾクっとしてた。可愛いところは、トートに追い込まれて後ずさりするところ。怯えるうさぎちゃんみたい。

scene13 ハンガリー独立運動

 ♩独立運動

トート(死)に誘惑され革命へと動くが失敗に終わってしまう。顔を歪め吐き出すように名乗る「ルドルフ…………………、…ハプスブルクッ」が映像に残ってないのなんで!!(地団駄) 興味深かったのは、父に裏切り者の烙印をおされた京本ルドの「父上………」と古川ルドの「父上ーーーーー!」が対称的だったこと。この一言だけでもそれぞれが解釈するルドルフ像が明確に表れていてダブルキャストの面白さにハマりそう。

scene14 ラビリンス(ホーフブルク宮殿内)

♩僕はママの鏡だから

 f:id:noahanarks:20170428032751j:image

京本くんのルドルフは子供のころからそのまま大人になったような純粋さがあって、だからこそパパにもママにも見捨てられてしまう様が余計に悲しくなってしまう。ママとは鏡合わせの似た者同士だと思っていたのに、拒絶され振りほどかれた手を見つめる姿はガラスにヒビが入ってしまったみたいだった。儚さと繊細さのルドルフ。

「ママも、僕を見捨てるんだね。」 

scene15 マイヤーリンク

♩マイヤーリンク(死の舞踏)

f:id:noahanarks:20170428032814j:image

大好きマイヤーリンク。美しさの真髄。ひょいって持ち上げられる京本くんめっちゃ軽そう。京本ルドルフはトートから拳銃を受け取ったあとフッと笑ってから死ぬ。子どものころトート(友達)に渡していたあの拳銃。苦悩や絶望からの解放の笑みなのか、美しさと狂気さが相まってゾッとした。死の接吻は城田トート、井上トートどちらも美しかったです。ただ城田トートとの身長差はズルい。

f:id:noahanarks:20170428032826j:image

scene19 悪夢

♩悪夢

死者って形で踊ってる。死後である「我ら息絶えし者ども」や「悪夢」の京本ルドはずっと右腕を庇ってるんだけど、実際ルドルフには死後発見された時に右手が切断されていたという話もある。他にも左手、右手、どの場面でどちらを使うのか意味があるようで、もしかしてと思っていたら、

 “我ら息絶えし者ども”や“悪夢”で、大我ルドが右腕を左手で押さえながら痛々しそうに歩く姿は無意識かそれとも?自らピストルを持った右手…死後に沸き上がったかもしれない悔恨…を意図した大我さんの確固たる役作りだったそうです。

右手の演技は、母への想い等が交錯したルドルフを象徴する意図的な見せ方だったとは。「神は細部に宿る」。名優、名舞台を評する言葉ですが、大我さんの進化と深化を続ける役作りに、それを感じ入りました。

(『シアターガイド』公式Twitter)

このこぼれ話は大千秋楽後。ゾクリとしました。

 

ルドルフの出番はこれで全部。メインは2部の後半約20分ほどだけど、エリザベートの運命を決定づける存在でもありシーンでもあり、この20分間はルドルフが主役ともいえる。    

2015年は帝国劇場で、2016年は帝劇から始まり全国各地で上演された『エリザベート』。1992年のウィーン初演以降、日本では1996年に宝塚初演、2000年には東宝版が上演され、今までも絶大な人気を誇っている。エリザベートでルドルフ役を演じた子といえばミュージカルファンにはずっと通じるだろう。それほどの大役を全うし、さらにジャニーズで二世でなんてものを跳ね返してみせた。 

「この作品は僕の人生にとって分岐点とも言える作品で、とても光栄です。僕の中でテーマがありまして、皆さんの心に残るルドルフを演じようということです。(中略)僕のルドルフを忘れないでください。」

(千秋楽挨拶抜粋・帝国劇場)

「去年から初めてミュージカルの舞台に出させてもらって、ミュージカルが大好きなりました。(中略)またミュージカルに呼んでもらえるよう、これからも精進していきたいと思いますので応援のほどよろしくお願いします。」

(大千秋楽挨拶抜粋・中日劇場

帝劇の千秋楽の時にはDVD化が決まっていた。だからこそ「心に残るルドルフ」が余計に響く。この才能をもっともっとみたい、彼はこのままここにいていいのだろうか、なんてお節介な心配をしてしまったくらいに。それでも、これは私がジャニーズを好きだからだろうか、ジャニーズだからこそできることが必ずあると思ってます。私みたいにミュージカルは敷居が高いなって一歩踏み出せないでいる人たちにきっかけを与えれる力、ミュージカルに全く興味なかった人を誘う力、それこそ後輩に与える影響だったり、それはジャニーズだからこそだと思う。今やジャニーズの可能性は無限大。ジャニーズの弊害もたくさん知ってるけど、そんなもの蹴散らす力が京本くんにはある。エリザベートを通してひしひしと感じました。どうかこの才能が見続けられますように、何度でも願います。

 

 だから小池先生!  『エリザベート』再演の際にはまた京本くんでお願いね!あと『モーツァルト!』も待ってます!

  

観劇中ずっと「私の知ってる京本くんじゃない」って彼のお芝居が恐ろしかったけど、カーテンコールのお手振りのとき京本くんだけが胸元で両手をふりふりしていた。それがどうしようもなくわたしのよく知るきょもちゃんで、どこか少しほっとした。